実家の鍵は防犯対策の鍵と交換しました。実家は、道路に面しているためセールスマンや、得体のしれない飛び込みの業者がよくも訪れます。ある日、地域の警察の方が来て防犯についての注意を呼び掛けていきました。ここら辺で空き巣被害が増加しているので、防犯対策を行なってくださいという事でした。 私が実家へ帰りますと、母親は鍵を交換するために工事をするという話を私にしました。ですから、預かっていた実家の鍵は、新しい鍵が出来たら交換してという事です。特に道路に面した家と言いますのは、人目につきやすいですので、セールスマンや怪しげな業者の出入りが激しいものなのです。それは、住んでみて分かったことでもあります。 留守がちな実家ですので、防犯対策を施された鍵はとても重要であると言えます。通常の鍵の場合はギザギザした形状なのですが、防犯対策を施された鍵はギザギザではなくて、マルが何個もついたような特殊な形状をしていました。私が母から出来たばかりのそれを手渡されました。 現在は、防犯対策バッチリですので両親はある程度安心して暮らしているのではないでしょうか。やはり、防犯対策はかかせません。そういう世の中であると言えます。